医療法人社団 充会 介護老人保健施設太郎

理念

老健とは、

「ろうけん=介護老人保健施設」は、

介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供する施設です。利用者ひとりひとりの状態や目標に合わせたケアサービスを、医師をはじめとする専門スタッフが行い、夜間でも安心できる体制を整えています。

太郎の理念

画像の説明

なによりも利用者(クライアント)の皆様の尊厳を考えます。

認知症などで徘徊したり、療養の妨げとなるような行為をしてしまう利用者さんに対しても、「太郎」では利用者さんをベッドや車椅子に縛る、いわゆる抑制(身体拘束)は 一切行いません。

個別性を尊重したケアを実施します。

ご利用者ひとりひとりのからだとこころの状態やご希望、目標を十分に把握し、その方の個性を尊重した、きめこまやかなケアを提供します。

よりよい療養環境をこころがけます。

安心した療養生活を送っていただけるよう、落ち着いた生活空間と人員の配置を行います。また、利用者の皆様に きちんとした対応ができるよう、スタッフひとりひとりに心と技術のトレーニングをおこないます。

クオリティライフ(QOL)を念頭においたケアを実践します。

利用者の皆様やそのご家族ときちんと話しあい、一方的ではない信頼と納得のいただけるケアを提供し、利用者の皆様ひとりひとりに合ったクオリティオブライフの向上を考えて いきます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional